あずさの日記
朝の長い日記*
[4/17 05:58]


拡大画像

 
 
 
 
 
おはようございます
あずさです*
今日は、お仕事でかなり早起きせねばならず、
現在すでに始発の電車に揺られております。。眠い…
 
 
うとうとしつつも、寝過ごしてしまわないように記録がてら、日記を書かせて頂ければと思います
ちょっと前の出来事になりますが、
お仕事終わりに「谷川俊太郎展」を見に、
美術館へ行って参りました
 
 
「〜館」と名の付く場所には、無駄に
メガネを掛けて行きたくなる自分です(笑)
(形から入るタイプ…笑)
 
 
谷川さんの詩集を集め始めたのは大学生の時
中学の教科書で朗読してから、声に出して読むのが気持ちいいなあとなんとなく記憶に残っていたのですが、色んな作品に触れていく度に、自分の知っている日本語で紡いでるようなものとは思えず、どの詩もハッとさせられます。
 
普段目や耳にする言葉なのに、谷川さんがそれらを並べるだけで、自分では手の届かなかったような感情が起こされるというか…
そんな驚きかもしれません
 
 
今回の展示では、谷川さんの詩紹介もそうですが、
生い立ちや、生前愛用されていた物など、谷川さん自身を知る機会もたくさん設けられていて、生活は質素倹約でありながらも谷川さん自身の心の豊かさも垣間見えるような温かいエピソードもたくさんでした*
 
展示の仕方もとってもユニークで、欲を言えばあと1時間は欲しかったかな
 
 
 
 
 
色々と写真を載せてみました♪
(最後のは小さくて文字が読めないかな?
閉館間際だったので人もほぼおらず、ゆっくり回ることができたのが何よりです
 
 
こうして日記に文を綴ったり、普段文章を書くことなども、
日常で当たり前に行なっていることなので、特別なことではないと思ってしまいがちですが、誰かの心動かすような言葉や表現というのはとても難しいことで、しかもそれをシンプルな言葉だけで表現することはもっと難しいことなんだな、と谷川さんの詩を読むと改めて思います。。
 
谷川さんの詩には命が宿る上に、さらに力が宿ってしまうような感動があり*
その力の中には、私たちが泣いたり笑ったり喜んだりする色んな感情がいっぱいに、こぼれてしまうほどにこもっています。
 
 
…朝から熱く語ってしまいました(笑)
ぜひ行かれたみてくださいとオススメしたいところですが、
現在展示期間は終了してしまい…m(._.)m
でも、本屋さんに文庫サイズの詩集もたくさん並んでいるのでぜひ
自分が特に好きなものもありますので、ご興味のある方は聞いてくださいね(*^^*)いないかな…?
 
やっぱりお写真3枚目の詩はせっかくなので、
こちらに記しておきます^^
 
「ここ」
どっかに行こうと私が言う どこ行こうかとあなたが言う 
ここもいいなと私が言う  ここでもいいねとあなたが言う  
言ってるうちに日が暮れて ここがどこかになっていく
 
 
 
素敵な詩に、今日も頑張れそうな気配(´-ω-`*)
皆様も無理せず頑張ってくださいね
明日はおじゃま出来るのでそれも楽しみにしながら…
まるっと1日頑張ります 
 
 
お気をつけて行ってらっしゃいませ
 
 
azu*
 


[*]前の日記次の日記[#]
最新の日記一覧
彼女のプロフィール